公正証書について


Aさんは、Bさんにお金を貸した際に、公正証書を作らせていました。これは公証人役場で作るのですが、これがあれば、めんどうな裁判は必要ありません。つまりすぐにでもBさんの財産である100万円の敷金を差し押えることができるのです。Aさんはすぐにこの手続きをとりました。

これにより、Aさんは直接、Cさんから敷金を返してもらえることになります。ところがCさんは、いつになってもこの敷金を返してくれません。
その言い分は、「まだBさんの残していった家財道具やガラクタが残っている。これでは他の人に貸せないから、明渡しが済んでいるわけではない。

したがって敷金を返すわけにはいかない」というものでした。Aさんはこれに対し、「そんなものは。すぐにでも処分してしまえばよいでしょう」というのですが、Cさんは「何も自分がそれをする筋合いはない。そんなことをして、あとでBさんから文句をいわれたら迷惑だ」というのです。
家財道具
このようにして、1年ほどすぎてしまいました。その間Cさんは、毎月の家賃を敷金から差し引きつづけたため、ついに敷金はゼロになってしまいました。

その後、Cさんはようやく腰を上げ、自分でBさんの残したガラクタを処分して、部屋を別の人に貸したのです。Cさんにとっては何の損害もなかったわけでしたが、Aさんとしては、せっかく手続きをとったのに、1円のお金も回収できません。Aさんにとっては気の毒な結果ですが、それまでモタモタしていたことにも責任があります。

このような場合、Aさんとしては、警察の人に事情を話して立ち会ってもらうなどして、自分でガラクタを出してしまうべきだったのです。もちろん勝手に捨てたりすることはできませんから、Aさんが自分でこれを保管することになります。Aさんがそこまでやれば、Cさんも敷金をAさんに渡さざるを得なかったでしょう。

ちなみに、他人の物を勝手に処分すると、横領罪や窃盗罪などに問われるおそれがあります。たとえば、借家人が家財道具などを残して夜逃げをしたとします。その場合、家主はこれらの遺留品を勝手に処分することはできません。これを保管するのが面倒ならば、訴訟で判決をもらい、強制執行をしなければなりません。敷金を返還する時期Aさんはビルのオーナーです。このビルの各部屋を他人に貸して、その家賃で生活しています。場所が繁華街にあるせいか、入居者の移動も多く。そのたびごとに契約書を交わすことにしています。
処分


東京都は日本最大の都市を形成するエリアです。
特に東京都23区は人口が集中する街になっていまして、企業や商業施設が集結します。
しかし、郊外には自然環境も残されている地域もあります。
23区と隣接する調布市や三鷹市などはバランスのとれた街として人気がございます。
各地方から色んな人が集まってきますので、コミュニケーションの輪が広がるのもメリットとなります。
さて、そんな東京都の賃貸マンションや賃貸アパートについては、
全国の不動産情報が満載なこちらのウェブサイトをご利用頂ければと思います!
シングル向けからファミリー向けの賃貸物件がございますので、
各々のライフスタイルに合った物件をお選びください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

お買い物やお食事など,生活で困ることが少ないのがこちらの神戸市です。神戸市は多くの魅力が集まるエリアとして知られておりますよ。
兵庫県の南東にあり,昔から貿易が盛んに行なわれていたことから国際貿易都市として注目されているのがこちらの神戸市です。そんな神戸市の北側には六甲山が広がっております。
そのため,高台から眺める景色は絶景で,多くの人を自然の魅力で癒してくれます。また,市内では様々な観光スポットが集まっており,街の文化や雰囲気を直に感じられるでしょう。
是非気になった方は当サイトから神戸市の分譲マンションで新生活を始めてみませんか。豊富に分譲マンションを紹介しておりますので,きっと理想的な物件が見つかるでしょう。

多くの人が憧れをもっている湘南ライフ。マイホームを購入するならリゾート地が良いと検討している方も多いのではないでしょうか?湘南エリアといっても様々な街がありますが,住みやすさで言うと神奈川県平塚市が断然オススメ。若干リゾート地としてのイメージはないでしょうが,南部は相模湾に面しており,ビーチで広がっております。
北部にかけて平野部が広がる平塚市は,全体的に住宅地が広がりを見せており,中南部に商業エリアが集中しております。
湘南エリアの商業地域として発展した平塚市では,利便性の高い暮らしを送ることができます。
そんな平塚市で新築一戸建てを求めてみませんか?平塚市は住みやすい環境が整備されており,定住する方が沢山います。そのため,より長く快適に暮らせる新築一戸建てを平塚市でお求めください。